Pocket

先日、ヤンキースのジャコビー・エルズベリーがホームランを打ったのですが。

なんと、このホームランはストライク判定に抗議した直後のものでした!
エルズベリーは四球だと思ったようですが、もし四球だったらこのホームランはなかったわけです。

ちなみにストライクゾーンに対する抗議は、警告してそれでも言ってくるようなら退場です。
今回のエルズベリーは退場にならなくてラッキーでしたね。
MLBは毎日のようにストライクゾーンを巡る退場者が出ますからね・・・。

スポンサード リンク

退場が多いMLBの試合

NPBより退場が多い理由に、試合数という単純な理由もあると思いますが、審判が強いというのもあると思われます。
MLBが審判を守ってくれるのでルール通りに退場させることができますが、NPBだとそうもいかないですからね。
NPBより球団側が強い立場なので、NPBとしても球団側に抗議されたら審判を怒ることしかできません。
あとスムーズな試合進行のために審判がいるMLBと、正しい判定をするために審判がいるNPBという文化の違いもあるかもしれません。

052513-Bad-Year-For-Umps-Gallery-SW_20130525150029238_2560_1706.vadapt.767.high.46
画像: foxsportsより

ちなみに、ストライクゾーンに対する抗議で、退場になるかどうか1つの目安があります。
それは審判がマスクをとるかどうかです。(MLB限定)
審判がマスクをとる行為というのは「それ以上言うな!」という警告の意味もあるのです。
要するに審判が怒っているときに見せる態度です。
今回エルズベリーは退場にならなかったですけど、審判はマスクをとっていないですよね。
本来なら退場になってもおかしくはなかったところですが、監督も出てこなかったし試合進行に支障がないと判断したのかもしれません。

スポンサードリンク

ジャコビー・エルズベリーの動画まとめ