ヤンキースは80年代に低迷し、96年に18年ぶりに世界一になりました。
96年のワールドシリーズではブレーブスに2連敗。
3戦目も敗戦ムードでしたが、そんなチームを救ったのがジム・レイリッツです。
8回に同点スリーランを打ちました!

レイリッツは控え選手ながら、シーズン17本塁打を打ったパワーがある選手。
ですがまあ、大舞台で大仕事をやってのけましたね!
その後黄金期を迎えるヤンキースですが、彼の一発がなければ少なくとも96年のワールドチャンピオンはなかったかもしれません。

スポンサードリンク

ジム・レイリッツのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク