Pocket

11年の新人王であるジェレミー・ヘリクソン
近年は低迷していましたが、16年は久しぶりに好成績を残しました!
現役最強打者のミゲル・カブレラが、ヘリクソンのチェンジアップに対し親指を立てて称える場面も。

まあ、このグッドサインはいかがなものかとは思いますが・・・。
でもヘルメットを叩きつけたりしている当たり、悔しさを押し殺すための行動だったんでしょうねー。


画像: csnphillyより

日本人選手でも三振をしたときに、笑顔(苦笑い)で相手のベストピッチを称えることがありますが。
あのような行動も日本人的には理解できても、外国人から見たらムカつくらしいです。
彼らから見たらヘラヘラしながらプレーするというのは受け付けないようですな。
まあ、僕のNPBオールスターの笑いながらのプレーは好きじゃないですけど。

ちなみに13年の対決ではカブレラがホームランを打っていました!

スポンサードリンク

ジェレミー・ヘリクソンの動画まとめ

スポンサード リンク