Pocket

今シーズンはカブスの5番手投手として15勝を挙げたジェイソン・ハメル
先発3、4番手タイプではありますが、先発投手の不作のFA事情もあって注目株になっています。
そんなハメルですが、オリオールズ時代の13年に頭部死球で退場という過去を持っています。

マット・トゥイアソソーポへの頭部死球で審判は即退場も、本人は不満げ。
日本基準だと頭部死球はたぶん即退場なのですが、MLBの場合は故意じゃないと退場にはなりません。
つまりこれは故意と判断されたわけですが・・・。

実はハメルはこの時、3者連続ホームランを打たれています。
まずはビクター・マルティネス

そしてジョニー・ペラルタ

3人目はアレックス・アビラ
この直後の死球だったので、審判は故意死球だと判断したわけですね。
というか、たぶんほとんどの人が故意だと思ったでしょうけど・・・。
当然、本人は否定しています。

ジェイソン・ハメル
画像: chicagotribuneより

まあ、これは古い話なのでいまさらアレですけど、
何にしても今シーズンは34歳にして自己ベストのシーズンを送り、最高のタイミングでFAになっています。
まだ、契約がまとまっていないのでこれから動向も注目ですね!

スポンサードリンク

ジェイソン・ハメルのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク