マリナーズに入団した途端に成績を落とすというのは、数年前までよく見られた傾向ですが。
その傾向があまりにも強すぎたのがショーン・フィギンズです。
エンジェルスではスーパーユーティリティーとして活躍し、マリナーズでもイチロー選手との1、2番コンビが注目されたのですが・・・。
極度不振に加えてベンチで揉め事まで起こしてしまいました。

フィギンズは怠慢守備ということで交代を命じられたのですが、監督に反論。
それがチームメイトを巻き込んだ騒動となったのですが・・・。
まあ、確かにフィギンズの怠慢に見えるけどレフトのマイケル・ソーンダースの送球エラーでもありますからね。
本来フィギンズが捕る返球でもないですし・・・。
まあ、フィギンズが悪いと言えば悪かったんでしょうけど。

ちなみにこちらはフィギンズのマリナーズ時代の数少ない(?)ハイライトです!
これは見事なバックトスですねー。
マリナーズに移籍した10年は32歳。
小柄な選手だし衰えが早かったのかもしれませんが、それにしてもあまりにも急激な成績低下でしたからね。
本当になんだったんでしょう?

スポンサードリンク

ショーン・フィギンズのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク