現在最高投手のクレイトン・カーショウと、最高の野手マイク・トラウト
14年の初対決は要注目されました!

第一打席はかなり微妙なところですが、サード内野安打となっています。
チャレンジ判定も同時はセーフと言ったところですねー。

第2打席は文句なしの二塁打。

第3打席は見逃しの三球三振となっています。
さすがに見応えがある内容でしたね!
しかしカーショウはともかく、トラウトはチーム状態が悪いのがもったいないですね・・・。
キング・フェリックスはマリナーズが強くなったと思ったら衰えが見えてきましたし、トラウトにはそうなってほしくはないですね。

こちらはベースを踏んでいないかチャレンジ判定をされるトラウト。
ギリギリ踏んでいますが、これは延長ということもありタイムアウト的な意味でチャレンジをしたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

クレイトン・カーショウの動画まとめ

スポンサード リンク