Pocket

10年シーズン途中にマリナーズからレンジャーズに移籍したクリフ・リー
レンジャーズでのシーズン中は4勝6敗と負け越すなどイマイチでしたが、ポストシーズンでは大活躍。
球団史上初のリーグ優勝に貢献しました。

レイズとのディビジョンシリーズ初戦では7回10奪三振1失点。

第5戦も9回11奪三振1失点の好投。

さらにヤンキースとのリーグチャンピオンシップリーグでも8回13奪三振の好投。
同一ポストシーズンで3試合連続2ケタ奪三振を記録した史上初のケースになったようです。

リーは前09年のワールドシリーズでもヤンキース相手に2戦2勝していますからね。
下記は09年ジャイアンツ戦の好投。

10年オフにFAとなり、ヤンキースの移籍が有力視されていましたがフィリーズへ移籍。
フィリーズでも活躍を見せましたが、怪我もあり14年を最後にMLBではプレーしていません。
息の長いタイプと思われただけに、思いの外早い離脱は残念でしたね・・・。
現役復帰の可能性も示唆されていましたが、どうやら厳しそうです。

スポンサードリンク

クリフ・リーのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク