Pocket

14年を最後にMLBでの登板がないクリフ・リー
10年オフにFAとなると、古巣フィリーズに復帰。
サイ・ヤング賞級の数字でチームに貢献しました!

同年はキャリアハイの238奪三振を記録。
同じくキャリアハイの1試合16奪三振も記録しています!(しかし負け投手に)
また、自身初のシーズン200奪三振を記録したシーズンでもありました。

こちらはジャンカルロ・スタントンから三振を奪い、通算1300奪三振。
この試合も12奪三振1失点の好投にも関わらず勝ち星はつかず。
翌12年もシーズンを通じて歴史的な不運に見舞われて話題になったクリフ・リーですが・・・。
長く活躍するタイプの投手かと思いきや、故障で突如キャリアが失われたのは残念でしたね。

スポンサードリンク

クリフ・リーのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク