Pocket

かつてのアストロズの有望株でキラー・ビーズの一角としても期待されていたクリス・バーク。
残念ながらレギュラー選手として大成することなく球界を去ってしまいましたが。
彼のハイライトといえば、なんといっても05年のディビジョンシリーズ第4戦。
約6時間の戦いに終止符を打ったサヨナラホームランです!

選手を使い果たしていたアストロズですが、この試合を制して勢いに乗りリーグ優勝を果たしました。

ちなみにこの試合9回に同点ホームランを打ったのが現タイガース監督のブラッド・オースマス。
シーズン3本塁打のオースマスと5本塁打のバークが試合を決めたんだから短期決戦はわかりませんねー。

スポンサード リンク

ロジャー・クレメンスも登板

またこの試合は中2日でロジャー・クレメンスが登板。
15回裏に代打で登場すると、16回から3イニングを無失点に抑えました。

ちなみにアストロズベンチには野手を含めても前日の先発投手と、翌日の先発投手しか残っていなかったようで。
プレーオフだし日本だったらわざとぶつけて、人数を足りなくさせてでも勝ちに行くような場面ですね。
そんなのはマナーどうこうのレベルじゃないと思いますが、そういうことが過去にないとは言い切れないというね・・・。
恐ろしいことですが。
何にしても、短期決戦は本当に何があるかわからないですね!

スポンサードリンク

クリス・バークの動画まとめ