日系捕手としてお馴染みのカート・スズキがサヨナラ打を打ちました。

実はこの前に、ハーフスイングを巡ってひと悶着ありました。

20140604_ajl_sk1_098.JPG.0
画像: Twinkie Townより

スイングしているように見えるが・・・

この打席でカート・スズキのハーフスイングを巡り、ロイド・マクレンドン監督が抗議しました。

ハーフスイングというのは、もっとも判定にバラつきがあるものです。
スイングしていると言われればそう見えるし、していないと言われれば、そう見えるものですからね。
まあ、今回は振っているように思えますが・・・。
それでもストライク・ボールの判定なので抗議はできません。

mcclendon
画像: rantsportsより

マクレンドン監督は抗議に出ていますが、実は、日本式のこの手の抗議は選手が嫌うものです。
監督がダラダラと無駄な抗議をするから流れが悪くなると。

スポンサードリンク

マクレンドン監督が抗議に出た意図

しかし、今回のマクレンドン監督の意図はハーフスイングの判定がどうこうというわけではありません。
監督も馬鹿じゃないので、無意味な抗議はしないですからね。
実はスズキの打席で、ワイルドピッチで同点に追いつかれており、悪い流れを止めようと間を置いているわけです。

だからこうしてのんべんだらりと抗議をしているわけですね。
まあ、抗議も実らずというか、余計に流れが悪くなったのか、結局サヨナラ打を打たれてしまいましたね。

ows_141101109274094
画像: StarTribune.comより

ロイド・マクレンドンの動画まとめ