Pocket

歴代1位の連続試合出場記録を持つことで知られる鉄人カル・リプケン・ジュニア。
父カル・リプケン・シニアは選手としてのメジャー経験はありませんが名コーチとして知られる男です。
オリオールズでコーチ選手として親子でプレーしました。

cal-ripken-sr-cal-ripken-jr-billy-ripken-orioles-jersey-633x270
画像: Sports Byline USA -弟ビリーもメジャーリーガー‐

野球が好きでないとできないコーチ業

MLBの監督コーチというのは、日本のように選手時代の実績やコネで決まるわけではなくマイナーでの修行からスタートします。
名選手は薄給や過酷な移動生活に耐えられないためMLBの監督コーチには叩き上げの職人タイプが多くなります。
(移動バスの運転もコーチがやったりするらしい)

雑用もこなしたシニア

リプケン・シニアは野球を愛し、博識でも知られます。
1972年にロッテ・オリオンズから彼の所属するローダイに野球留学した選手たちがいます。

スポンサードリンク

彼らが朝にグラウンドへ行ってみるとグラウンドを馴らしているおじさんがいました。
彼らはグラウンドキーパーだろうと気にも留めなかったわけですが、それこそがカル・リプケン・シニアだったのです。

RipkenSr
画像: Dorfman Museum Figuresより

彼はマウンドを作ったり、ベンチのペンキを塗ったり雑用も進んでこなしていたと言われています。
彼のような有名な監督コーチだと美談として残るわけですが、多くの監督コーチがこのようなことを経験しているのです。

315186
画像: Camden Chatより

野球が好きでないと、とてもじゃないけど務まらないのがMLBの監督コーチです。
近年はスター選手がいきなりMLBの監督コーチを務めるケースも増えていますが、原点はマイナーでの修行にあるのです。

スポンサード リンク

カル・リプケン・シニアの動画まとめ