Pocket

昨年のカージナルス対ロッキーズ戦でひと悶着ありました。

伏線がわからないが・・・

まずはカルロス・マルティネスがビーンボールを投げました。
DJ・ルメイユの反応から見てこれはわざとでしょうが、その伏線となったプレーはわかりません。

そして、その後ルメイユは、狙ったのかどうかわかりませんが、ピッチャー返しの打球を打ちました。

スポンサード リンク

ついに死球合戦に

続く5回に、マルティネスはルメイユにぶつけました。


30秒から

審判はマルティネスの警告をしているけど両ベンチには警告していないのかな?
7回になると次はロッキーズの投手がぶつけました。

コルテン・ウォンが標的になったのは、ルメイユと同じセカンドで同格の選手だからです。

Colorado Rockies v Arizona Diamondbacks
画像: The Comebackより

ノーラン・アレナドも熱くなっている

動画は順番が前後しているのですが2分から

5回にルメイユにぶつけてから後続を打ち取ったマルティネスが激しく感情を表しています。
これにアレナードが怒ったわけですね。

World Series - St Louis Cardinals v Boston Red Sox - Game Six
画像: Yahoo Sportsより

まあ、今回はマルティネスが悪いですからね。
まだ若い選手なので精神的に成熟していないのかもしれません。
小柄な投手なのでこれくらい気が強くないと勝てない世界かもしれませんが、メジャーリーガーらしい振る舞いを身に着けてほしいものです。

スポンサードリンク

カルロス・マルティネスの動画まとめ