Pocket

11年に巨人でプレーしたカルロス・トーレス
MLBに復帰後ブレイクし、今シーズンはブルワーズで72試合に登板。
防御率2点台と活躍しています!

スポンサード リンク

カルロス・トーレスがベンチで悔しがる

14年当時メッツ時代、ブルワーズ相手に決勝点を打たれた後ベンチで自分の頭を殴る姿が話題になりました。

MLBでは物に当たる選手が多いので、これは珍しいですね!
ちなみに日本では物に当たることが良しとされません。
道徳的なこともあれば、ベンチの雰囲気が悪くなるということもあります。

カルロス・トーレス
画像: nydailynewsより

しかし、外国人の感覚では物に当たることは悪いことではないようです。
チームメイトの覇気に影響するようなこともないようですね。
実際にベンチで暴れる選手がいても、誰も驚きもしないですし。
「あーあ、やっているよ」ぐらいのもんなんでしょう。
まあ、ここらへんは国民性の違いですな。

カルロス・トーレス
画像: totalprosportsより

彼らから見ると日本人は、はっきりとモノを言わない民族とされるわけですが。
もの作り大国日本では、感情を持たずに機械のように仕事をする人材を育てるための教育制度になっています。
批判されることも増えている教育制度ですが、バッチリと我々の人格形成に影響しているわけですね・・・。
さすがに現代では古い教育システムですが、それを変えることができない仕組みなのは、日本球界が進歩しないのと同じようなもんなんでしょうね。

スポンサードリンク

カルロス・トーレスの動画まとめ

スポンサード リンク