Pocket

16年のワールドチャンピオンになったカブスですが。
ディビジョンシリーズでは投手陣が打撃でも活躍し話題になりました。
第2戦で先発のカイル・ヘンドリックスがタイムリーヒット。

ヘンドリックスは特別打撃が良い投手ではありませんが、見事なヒットでした!
さらに同じ試合ではリリーフのトラビス・ウッドもホームラン。

ウッドはMLB屈指の打てる投手で、代打や外野をこなすなど二刀流としての活躍も目立ちました。
同一試合で複数の投手が打点を記録するのは、ポストシーズン史上5度目の出来事のようです。
さらに第3戦でもジェイク・アリエータがホームラン。

アリエータは16年のシルバースラッガーで、シーズン2本塁打を打っています。
ポストシーズンで2人の投手がホームランを打ったのは、ここ100年で2度目の出来事だったようで。
カブスは野手の活躍が印象強いですけど、投手陣もさすがの活躍ですな。

スポンサードリンク

カイル・ヘンドリックスの動画まとめ

スポンサード リンク