Pocket

先日、マリナーズのロビンソン・カノがアウトカウントを間違えるハプニングがありました。
勝敗に影響するような場面ではありませんでしたが、投手のネイサン・カーンズが気の毒でしたね。

まあ、勝利濃厚のケースですから集中力は欠けるでしょうけど。
印象はよくないですね。

010915-11-MLB-Mariners-Robinson-Cano-OB-PI.vresize.1200.675.high.86
画像: FOX Sportsより

カーンズは無事無失点でこのイニングを切り抜けると、カノはその後の攻撃で満塁ホームランを打ちました。

見事、守備でのミスを帳消しにして勝利も確定させました。

カノは怠慢プレーだったのか?

エラー後のカノを見ると、ふてぶてしい態度に見えて印象がよくありません。
しかし、勝負の場面ではこれも間違っているわけではありません。
ミスをしたからといって動揺を見せると相手が勢いづくからです。
日本だとミスをすると「怒られる・・・」と動揺が顔に出ますが、あれは好ましい態度ではないということです。

スポンサードリンク

プロ同士なんだから、技術の差なんて言うほどありません。
だから精神面がとても重要で、少しでも精神的に相手より優位に立つ必要があります。
そういう意味ではカノのこの態度は、少なくとも批判される類のものではないってことですね。

cano.tongue
画像: Celebrity Carzより

ネイサン・カーンズの動画まとめ