カージナルスなどで活躍した、当時MLBを代表するショートであるエドガー・レンテリア
通算2327安打、ゴールドグラブ賞2度と攻守に優れたショートです。

こちらはマーリンズ時代のランニングホームラン!
そもそもレンテリアはマーリンズでもプレーしていたんだな。

ジャイアンツ時代の10年にワールドシリーズMVPに輝くなど大舞台にも強い選手。
マーリンズ時代にもワールドシリーズ7戦で決勝タイムリーを打っています。

一時は3000本安打の可能性も示唆されていた選手ですが、30を過ぎてから急速に衰えが見えました。
それだけに34歳での引退は少し早い印象もありますね。

スポンサードリンク

エドガー・レンテリアの動画まとめ

スポンサード リンク