Pocket

こちらは7月MLBの風物詩。
ジャイアンツのエドゥアルド・ヌニェスがレッドソックスへトレード。
そして試合中にチームメイトとお別れです。

当事者からすれば思うことはいろいろあるでしょうね。
ヌニェスはこの試合にも出場していてタイムリーヒットを打っています。
その後、ベンチに戻ったらトレードということで・・・。

まあ、NPBだとトレードには左遷みたいな感じで悪いイメージがあるし、問題児や事実上の戦力外となった選手がトレードされることが一般的ですけど。
MLBはチャンスが増えるというポジティブな面がありますからね。
不安は当然あるだろうけど、別れの寂しさが1番かな?

ちなみにNPBで毒にも薬にもならないトレードが多いのは、移籍先で選手が活躍されると本社やファンから叩かれるからだとも言われているようですが。笑
確かにそういう印象はあるけど、それじゃあ、良いトレードはなかなか生まれないですな・・・。

スポンサード リンク

新しいチームメイトと合流

こちらは逆に新しいチームメイトと試合中に合流するシーン。
こちらもこの時期の風物詩です。

パドレスからロイヤルズに移籍したブランドン・マウラーライアン・バクターです。
トレードが多いのはともかく、試合中に移動するってのが本当に凄いなーと思いますね。
名残惜しまない方が良いのかどうか、そこらへんはわかりませんが。

スポンサードリンク

エドゥアルド・ヌニェスのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク