Pocket

今シーズンはジャイアンツでプレーしたアンヘル・パガン
昨年の不振から復活して、オフにFAとなりますが。
彼はメッツ時代の10年にライトゴロを記録しています。

打者は前回ドッキリのターゲットとして紹介したカイル・ケンドリックです。
パガンは今シーズン、レフトにコンバートされて負担も軽くなったのか、自己最多の12本塁打を打つ活躍。
とはいえ、故障も多い35歳のベテラン選手なので、そろそろフルタイムのレギュラーは厳しそうですね。
FAとなってどんな契約を結ぶのか注目の選手です。

スポンサードリンク

アンヘル・パガンのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク