楽天でプレーしたことから日本でもお馴染みの大物メジャーリーガー、アンドリュー・ジョーンズ
96年に19歳でデビューすると、プレーオフでホームランを打っています!

さすがに若いですねー。
そして少々意外ではあるのですが、10代の選手がプレーオフでホームランを打った史上初の出来事だったようです。
ちなみに12年にはブライス・ハーパーが史上2人目となる10代でホームランを打ちました。

さらにジョーンズは、ワールドシリーズでも初打席でホームランを打つと、2打席連続ホームランを打っています!
ただまあ、早期デビューが祟ったのか、その後のキャリアは必ずしも期待通りの活躍というわけではありませんでしたが・・・。


画像: atlalldayより

まあ、10年連続ゴールドグラブ賞を受賞しているし、ブレーブス黄金期を支えた中心選手ではあるんですけどね。
ハーパーもそうですが、どうも早期デビュー選手は活躍しても一皮むけていない感があるケースが多いんですよねー。
そういうところも「早熟選手は大成しない」と言われているところなんでしょうけど。
ジョーンズも、もう少しマイナーで育てていれば違ったキャリアになっていたかもしれません。

スポンサードリンク

アンドリュー・ジョーンズの動画まとめ

スポンサード リンク