Pocket

先日のヤンキース対アストロズ戦で、両チームのOBであるアンディ・ペティットが打撃投手を務める場面があったようです。

ちなみにMLBの打撃練習は、日本に比べるとテンポがかなり速いそうです。
日本人選手は試合中も練習中も、あれこれ考える習慣があるので、速いテンポに慣れるのも大変だそうですね。
日本人投手の投球テンポが遅いのも、あれこれ考えるからだそうですけど。

スポンサード リンク

マイケル・ピネダが勝利投手に

この試合はヤンキースのマイケル・ピネダが勝利投手になりました。

7回1失点の好投です。
今シーズンは不安定なピネダですけど、この日はバシっと締めましたね!

途中、打球が直撃してしまうアクシデントもありましたが無事だったようです。

スポンサード リンク

カルロス・コレアの好プレー

この試合でアストロズのカルロス・コレアが好プレーを見せました!
ショートとしてドラフトされた内野手の有望株、アレックス・ブレグマンがこの日にデビューしています。
この日サードを守っている選手ですが、彼がMLBで結果を残せばアストロズはさらに強くなりますね。

スポンサードリンク

アンディ・ペティットの動画まとめ