Pocket

ヤンキース移籍前までは史上最強のショートとして活躍していたアレックス・ロドリゲス
01年にマリナーズから打者有利の本拠地を持つレンジャーズに移籍すると、52本塁打を打ちました。
これはアーニー・バンクスが58年に作った47本塁打の記録を抜く、ショートとしてのシーズン最多本塁打です。

これがシーズン200安打でもあったようですが。
これを最後にA・ロッドがシーズン200安打を打ったことはありません。
また、彼は翌02年には57本塁打を打ち、ショートとしての最多本塁打記録を伸ばしました。

僕はサード時代しか知らないですけど、こんなショートがいたらワクワクしますね!
シーズン50発も打って、守備もゴールドグラブ賞を受賞。
しかも男前ですからねー。
現役の晩年は悲しいことになってしまいましたが、偉大なプレーヤーであったことに変わりはないですね。

スポンサードリンク

アレックス・ロドリゲスのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク