Pocket

14年からMLBで導入された投手用の保護帽子。
それを初めて使用したのがアレックス・トーレスです。

そのトーレスにしても開幕から2か月以上使用していなかったわけですが。
その理由は言うまでもなくダサいから・・・。
スーパーマリオみたいだと選手からも評判が悪いようで。

alex-torres-mets-hat
画像: larrybrownsportsより

メッツ移籍後も保護帽子をかぶっているトーレスですが、余計にダサく見えますね・・・。
まあ、選手としては危険を認識しながらも他人事になってしまうのかもしれませんね。
そのうちに見た目もスッキリした良い保護帽子ができると思いますけど。

スポンサード リンク

野手のヘルメットも進化

野手ではジャンカルロ・スタントンやジェイソン・ヘイワードらスター選手もフェイスガードヘルメットを使用しています。
まあ、彼らは実際に顔に死球を受けていますからね・・・。

1442168190511
画像: foxnewsより

野手の場合はヘルメットの性能も良くなったようで、頭部死球も以前ほど大事にはなっていませんね。
気のせいか、頭部死球が増えている感もありますが・・・。

heyward_jason640
画像: sportsnetより

野球は危険もあるスポーツで、プロレベルになると我々一般人なら恐怖で打席に立つことすらできないレベルですからね。
打球だって顔に当たれば失明する可能性がプロでもあるわけですし。
脳震盪の後遺症に悩まされる選手は多いですし、安全性が増すに越したことはないです。
誰もが抵抗なく着用できるよう技術が進めばいいですね。
死者が出て義務化ということがないように願いたいものですが・・・。

スポンサードリンク

アレックス・トーレスの動画まとめ