先日のパイレーツ対ダイヤモンドバックス戦でひと悶着ありました。
まず、パイレーツのアルキメデス・カミネーロ投手がジーン・セグラに頭部死球を与えてしまいました。

まあ、おそらく故意死球ってことはないのでしょうが。
打たれてちょっとイライラしていた面はあるのかもしれませんね。
そしてパイレーツのエバン・マーシャル投手がデビッド・フリースに報復死球。

1アウト2、3塁の場面で初球ですから、まあこれは報復死球ですよね。
さらにこれを受けてカミネーロが二度目の死球。

しかもまた頭部近くへの危険な球でした。
当然これは危険球退場となりましたけどね。
まあ、さすがにこれは駄目ですね。
カミネーロは昨年ブレイクを果たした29歳の投手ですが、今年は昨年ほど安定感がありません。
まだまだ精神的に未熟な印象があります。

ArquimedesCaminero1280_u3c4e7co_c0gtwsow
画像:MLB.comより

勝敗が決まった展開で集中力が欠けるのはわかりますが、そこで一流のパフォーマンスを見せるのがメジャーリーガーですからね。
さすがに二度もあんな球を投げるのは駄目ですね。

スポンサードリンク

アルキメデス・カミネーロの動画まとめ