Pocket

田中将大投手がルーキー時代、記者が田中田中とうるさいので、アダム・ジョーンズが不快感を表したことが話題になりました。
オリオールズの主力であるジョーンズからしたら、自分のことに触れられずルーキーである田中投手の話ばかりさせられるのは気分が悪いでしょうしね。
ちなみに、その日は3打数1安打で対戦を終えていたようです。

「田中は普通の投手だから、いちいちしゃべることはない」
という趣旨のコメントを皮肉たっぷりに残したようですが。
まあ、ジョーンズのコメントは大人気ない部分もあったのかもしれませんが、多かれ少なかれ同じことを思っている選手はいるわけです。

スポンサード リンク

日本のマスコミが最大の敵

ジョーンズの場合は敵チームの主力だったので、まだよかった部分があります。
問題なのはこの手のトラブルが、チームメイトに相手に起きてしまうことです。
日本のマスコミは日本人選手のことしか聞かないので、他の選手からしたら面倒な存在ではあります。
ヤンキースのジョー・トーリ監督が、松井選手のホームランが出ないことについての話ばかりさせられて、うんざりしたという話がありますが。笑

ob-vu925_matsui_h_20121227234706
画像: wsj.comより

マスコミもそれに対してのコメントが必要なのはわかります。
ですが、現役選手が自分のことは一切聞かれずに日本人選手、それもルーキーのことばかり聞かれたらうんざりするでしょう。
こういうところから日本人選手の立場が悪くなってしまうこともあるようで・・・。

masahiro_tanaka2
画像: nypostより

まあ、メジャーリーガーの報道も2000年前後に比べるとそこまで過熱しているわけでもないですけどね。
それにしても、マスコミの体質に変わりないことは言えるわけで。
チームメイトとのコミュニケーションといえば言葉の壁ばかりイメージしますが、他にも苦労する面はあるってことですね。

スポンサードリンク

アダム・ジョーンズの動画まとめ