12年に05年を最後にMLBでプレーしていなかったアダム・グリーンバーグが1日復帰するという出来事がありました。
なんか過去の名選手っぽい感じの名前ですが、彼は05年に1試合だけ出場した選手。
代打で登場しバレリオ・デロスサントスから頭部死球を受けると、視覚障害などの後遺症が出てしまったようです。

メジャー初打席なんて、緊張で立っているだけでもやっとという選手も多いでしょうし。
そんな状態で頭部死球を受けるんですからね・・・。
12年に1日契約をしたのは当時の対戦相手マーリンズです。

同年のサイ・ヤング賞投手であるR.A.ディッキーを相手に3球三振となりましたが。
グリーンバーグもMLBの舞台に戻ることができて嬉しそうですね!
しかし日本的な感覚だったらストレート勝負なのですが、普通にナックルを投げ込んでいますな。笑

スポンサードリンク

アダム・グリーンバーグの動画まとめ

スポンサード リンク