Pocket

併殺プレーでは走者との接触を避けるために、きちんとセカンドベースを踏んでいなくてもアウトとみなす文化があります。
いわゆる「みなしアウト」ですね。
現在はビデオ判定が導入されたので、みなしアウトもなくなってしまいましたが・・・。

こちらはカブスがビデオ判定を要求。
今回はどうやらベースを踏んでいると判断されたようで判定は変わらず。
まあ、必ずしもみなしアウトがなくなったわけではありませんが、ビデオ判定の結果ベースを踏んでいなかったからセーフになってしまいます。
もっとも、現在のルールだとカブス側のスライディングが危険スライディングでアウトと判定される可能性がありますね。

これとか、みなしアウトにしては極端な気もしますが・・・。
走者が迫っていたわけでもないですし、単に送球が反れただけですからね。笑
ただまあ、それでも審判が思考停止状態でアウトを判定するぐらい、みなしアウトは浸透しているってことですね。

スポンサードリンク

セカンドフォースアウトの動画まとめ

スポンサード リンク